1. 特待生制度

特待生制度

TUC特待生制度(大学・短大)

TUC特待生制度は高校時代に取得した資格や入学試験の試験結果によって授業料の減免を受けることができる特待生制度です。実用英語技能検定2級、TOEIC®500以上、日商簿記検定2級、ITパスポートのいずれか1つを取得している者はⅠ種特待生に該当します。また、一般入試(前期・中期)、センター試験利用入試全試験においては得点率によって特待生を選考。一般入試3科目型及びセンター試験利用入試3科目型は得点率70%以上で特待生Ⅰ種、65%以上で特待生Ⅱ種を保証します。3科目型で65%未満の場合や、一般入試2科目型(前期・中期)、センター試験利用入試2科目型(前期・中期・後期)についても特待生の選考対象となっています。

Ⅰ種特待生 Ⅱ種特待生
減免特典 初年度授業料全額
初年度講座受講料全額
初年度授業料半額
初年度講座受講料半額
資格による適用
  • 実用英語技能検定2級
  • TOEIC®500以上
  • 日商簿記検定2級
  • ITパスポート
  • 資格による適用はなし
得点率による適用 一般入試及びセンター試験利用入試の得点率による選考。詳細は下図を参照。 一般入試及びセンター試験利用入試の得点率による選考。詳細は下図を参照。

TUC特待生制度(大学・短大)

※講座受講料の免除は大学のみ(経理研究所簿記講座、公務員講座)
※センター試験利用入試3科目型においてⅠ種・Ⅱ種特待生となった者に限り、2年次の講座受講料を(授業料その他は徴収)Ⅰ種全額/Ⅱ種半額免除。
※TUC特待生Ⅰ種に区分される資格・検定に関しては、出願時に既に取得・合格していた資格・検定を出願時に申請しなかった場合はさかのぼって適用されないので留意すること。

入学試験出願後に該当資格を取得した場合は、2020年2月25日(火)~2020年4月6日(月)の期間において、『TUC特待生追加申請書』に必要事項を記入の上、郵送もしくは持参にて申請を行ってください。入学試験後に取得した資格に限られますので、ご注意ください。また、提出期間内に資格証書が手元に届かない場合には、合格を証明できる書類(Webでの合格発表画面及び・受験票の写し等)を添付してください。出願時に取得していた資格・検定については申請対象となりませんので、ご注意ください。

資格特待生届

Haul-A特待生制度(大学のみ)

Haul-A特待生制度は、Haul-A特待生推薦入試(Ⅰ種・Ⅱ種)に合格した者に適用される特待生制度です。適用された者は、Ⅰ種・Ⅱ種の種別にしたがって学納金等の減免が受けられます。Ⅰ種は入学金全額及び4年間の授業料全額、Ⅱ種は入学金全額及び4年間の授業料半額が免除されます。ただし、経理研究所の会計プロフェッショナルコースを受講する意思があり、同研究所の業務を補助することが条件となります。条件を満たしていることが認められなかった場合、特待生としての権利を失することとなり、当該年度の授業料の支払いが発生します。その他、継続には以下の条件を満たす必要があります。

Haul-A特待生Ⅰ種

減免特典 特待生資格継続条件
1年 2年 3年 4年
入学金全額
授業料全額
授業料全額 授業料全額 授業料全額 【Ⅰ種】 (入学料及び4年間の授業料全額免除)
進級時に経理研究所が行う継続試験Ⅰ種用において、60点以上を取得すること。※以下のいずれかの資格を取得していた場合は進級時の継続試験を免除することとする。
●2年進級時:公認会計士(論文式)、公認会計士(短答式)、税理士試験2科目(簿記論・財務諸表論)、税理士科目(簿記論)、税理士科目(財務諸表論)
●3年進級時:公認会計士(論文式)、公認会計士(短答式)、税理士試験2科目(簿記論・財務諸表論)
●4年進級時:公認会計士(論文式)、公認会計士(短答式)
以上の条件を満たさない場合は、特待生区分をⅡ種に繰り下げることとする。

※経理研究所簿記会計講座の受講を停止した場合や、与えられた目標課題を未実施もしくは達成しない場合は特待生の権利を失います。また、年次ごとに行われる審査等を経て特待生資格の継続の可否が決定されます。

Haul-A特待生Ⅱ種

減免特典 特待生資格継続条件
1年 2年 3年 4年
入学金全額
授業料半額
授業料半額 授業料半額 授業料半額 【Ⅱ種】 (入学料及び4年間の授業料半額免除)
進級時に経理研究所が行う継続試験Ⅱ種用において、60点以上を取得すること。
以下のいずれかの資格を取得していた場合は特待生区分をⅠ種に繰り上げることとする。
●2年進級時:公認会計士(論文式)、公認会計士(短答式)、税理士試験2科目(簿記論・財務諸表論)、税理士科目(簿記論)、税理士科目(財務諸表論)、日商簿記1級、全経簿記上級
●3年進級時:公認会計士(論文式)、公認会計士(短答式)、税理士試験2科目(簿記論・財務諸表論)、税理士科目(簿記論)、税理士科目(財務諸表論)
●4年進級時:公認会計士(論文式)、公認会計士(短答式)、税理士試験2科目(簿記論・財務諸表論)

※経理研究所簿記会計講座の受講を停止した場合や、与えられた目標課題を未実施もしくは達成しない場合は特待生の権利を失います。また、年次ごとに行われる審査等を経て特待生資格の継続の可否が決定されます。

スポーツ特待生制度(大学・短大)

スポーツ特待生制度は、スポーツ推薦入学試験に合格し、かつ、スポーツの分野において優秀な成績を挙げた者で、勉学意欲が高く人物についても優秀であると認められた者を対象とします。選考の結果、スポーツ特待生Ⅰ種またはⅡ種となった場合、Ⅰ種は初年度授業料全額、Ⅱ種は初年度授業料半額が免除されます。入学後は、年度毎に特待生選考を実施します。

区分 減免特典 スポーツ特待生基準
Ⅰ種特待生 初年度授業料全額 入学時において全国大会出場の実績を有する者
Ⅱ種特待生 初年度授業料半額 入学時において都道府県レベルの大会において優秀な成績を挙げた者

入試に関するお問い合わせ