高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

学生生活・就職

HOME > 学生生活・就職 > 資格サポート > 経理研究所(簿記講座)

経理研究所(簿記講座)

経理研究所とは

「企業の言語」と称される簿記・会計。高崎商科大学経理研究所は、簿記・会計の高度な資格取得を目指すだけでなく、業界を問わず広く社会で求められる「会計プロフェッショナル」を養成する学内Wスクール。
従来型学内Wスクールの機能はもちろん、指導面・経済面での支援体制を整備し、抜群の学習環境を整えています。

経理研究所(簿記講座)で学ぶ先輩

公認会計士(短答式)・税理士試験(簿記論)・日商簿記1級

会計の専門知識が身につくにつれて
目指す将来像もスケールアップ

大塚 麻悠 (3年)
長野県小諸商業高等学校 出身

「専門的な知識を身につけたい」と思ったことから簿記に興味を持ち、商業高校へ進学。高校在学中に、日商簿記2級に合格しました。大学に入学してからは、早朝に行われる「答案練習会」をはじめ、授業の合い間や放課後にこつこつと勉強を重ね、会計士になるための基礎づくりをしています。将来は地元に戻り、会計を通じたまちづくりに貢献したいと考えていましたが、最近では都心部の監査法人にも興味を持つようになりました。学びを深め、社会への理解が増すにつれて、自分の考え方もスケールアップしているのを感じています。

公認会計士(短答式)・日商簿記1級

目標は社会のニーズに的確に対応できる
幅広い視野を持った公認会計士

島木 優一 (1年)
鹿児島県立鹿児島南高等学校 出身

「簿記会計講座」の魅力は、現役の公認会計士でもある先生方の授業を受けられること。日頃の業務に結びついた具体的なお話から、「いま学んでいる知識が、将来どのような場面で役立つか」がイメージできるようになりました。また、会計の側面から「いま世の中で何が起きているか」をとらえる習慣がつき、これまで以上に社会情勢に関心を持つようにもなりました。今後はさまざまな授業を通じて幅広い知識を身につけ、監査やコンサルティングなどさまざまな業務に対応できる公認会計士を目指していきたいと思います。

講師紹介

中央大学が設置・運営する研究所で多くの学生を合格に導いた最強の講師陣による情熱指導を展開!

小島 一富士
公認会計士・商学部卒

○高崎商科大学 経理研究所 主任研究員
○中央大学経理研究所 専任講師
○朝日大学 経営学部 教授

中央大学経理研究所において、現役大学生の公認会計士合格者を毎年100名近く輩出する傍ら、全商簿記コンクール10連覇などで名高い岐阜県立岐阜商業高等学校と中央大学との高大連携事業に尽力。同高校の現場教員とともに指導法を確立させ、日商簿記1級30名以上の合格や税理士科目(簿記論・財務諸表論)の複数名合格、また、高校生の公認会計士(短答式)試験合格者輩出という快挙も成し遂げている会計界の寵児。

  • 安藤 大樹

    公認会計士・経済学部卒

    担当科目:会計学、経営学

  • 古田 満正

    公認会計士・商学部卒

    担当科目:企業法

  • 荒木 優

    公認会計士・商学部卒

    担当科目:会計学

  • 森 直也

    公認会計士・商学部卒

    担当科目:会計学

  • 岡本 進

    公認会計士・商学部卒

    担当科目:会計学、租税法

  • 横田 昌彦

    高崎商科大学 専任教員・
    公認会計士・商学部卒

    担当科目:会計学、租税法

  • 門田 隆太郎

    公認会計士・
    商学研究科商学専攻 博士前期課程修了

    担当科目:会計学

  • 吉田 和広

    公認会計士・商学研究科商学専攻
    博士前期課程修了

    担当科目:会計学

  • 関口 高弘

    公認会計士・商学研究科商学専攻
    博士前期課程修了

    担当科目:会計学

+α6つのメリット

1.「現役公認会計士」による直接指導と合格実績

指導にあたる講師は、経理研所属の現役公認会計士。現場で活躍する講師陣のため、会計基準の変更などに対応でき、常に試験研究を重ねています。オリジナル教材を使用した質の高い講義で試験合格へ導きます。

2.公認会計士合格まで受講料の負担なし

日商簿記1級講座は、一定の条件を満たせば受講料の全額が戻ります。続く、簿記論・財務諸表論講座、税理士・会計士講座(会計プロフェッショナルコース)は無料。受講料負担を軽減することで、受講生のやる気を強力にバックアップ!

3.充実の学習ルーム完備&一人一台のノートPC貸与

キャンパス内に個別の勉強スペースを確保した学習ルームを完備。さらに、受講生には一人一台のノート型パソコンが貸与されます。授業の空き時間や放課後を利用し、効率的な学習を進めることができます。

4.一人ひとりの理解度に合わせたオーダーメイド指導

会計・簿記の初学者から日商簿記の1・2級取得者まで、どのレベルからも勉強できる高崎商科大学 経理研究所のカリキュラム。だからこそ、受講生一人ひとりの理解度に合わせた個別指導を重視しています。

5.大学を卒業するまで利用できるWeb講座&24時間個別指導

インターネット環境があれば、いつでも好きな時間に講義を視聴することができます。分からないことや勉強法の相談は専任講師に質問ができるので、疑問点はすぐに解決!きめ細かな学習指導を実現しています。

6.資格取得による単位認定制度で、最大22単位取得可能

本学入学後に簿記・会計関連の資格を取得することで、卒業単位として認められます。(日商簿記1級、税理士試験科目[簿記論/財務諸表論]、公認会計士科目[短答式]

履修モデル

簿記の知識ゼロから始められるプラン
日商簿記検定コース(Web講座)

簿記初学者のプランも用意。
ビジネスの実務で役立つ経理や会計の知識が習得できるため、「民間企業の経理スペシャリスト」や「簿記など商業科目の教員」としての道が開けます。

ステップアップのためのプラン
会計 プロフェッショナルコース

日商簿記1級検定合格から、簿記論と財務諸表論の合格を目指すことにより、その後、税理士や公認会計士、教員(商業)などの会計関連職に就くことを可能にするプログラムです。

将来の目標・目指す進路

企業の決算書を第3者の立場からチェックする監査のほか、
会計業務全般を請け負う公認会計士。
経営者のパートナーとして企業経営に携わることで、日本の経済発展に貢献できる、とてもエキサイティングな仕事です。

税金の法律は大変複雑なため、企業や個人事業主に代わって税務処理や税務書類の作成を行います。
税務全般の相談にも応じ、その仕事は税務の知識をベースとしたコンサルティング業務まで広がりをみせています。

国税庁や税務署に所属し、税金に関する調査や指導を行う国家公務員。
国の安定的な財政基盤を支えるスペシャリストです。

経理部門では売り上げや支払いの収支計算、
営業部門では自社や取引先の経営分析など、
企業全体の数字を読み解くには簿記の知識が必要です。

銀行窓口の預金業務のほかに、
企業の経営状態を審査して貸付を行う融資業務、
外国通貨や国債を取引する為替業務など、幅広い仕事が魅力。

決められた期間と予算のもと、
クライアント企業の課題解決に取り組みます。
多種多様な業界や業務に関わる、やりがいの大きい仕事です。

簿記やマーケティングなど商業科目を担当。
簿記を分かりやすく教え、その面白を伝える力も求められます。

© Takasaki University of Commerce