Takasaki University of Commerce

大学案内

HOME > 大学案内 > 学生生活・学習支援センター

学生生活・学習支援センター

学生生活・学習支援センターは、皆さんの「生活」や「学び」に関する情報発信、ジャンルを問わない相談に応じています。相談窓口では、学生の抱える問題や不安を解決するために、必要に応じて臨床心理士の在室する「学生生活支援室(カウンセラー室)」や保健師の在室する「保健室」への橋渡しも行っています。担当教員、職員、その他学内の各部局と連携して皆さんをサポートしていきます。

これまでにも、以下のような疑問や悩みが寄せられています。

  • ●高校での生活との違いに戸惑っている。
  • ●自宅を離れてのひとり暮らしが不安。
  • ●友人や先輩、後輩、または大学の教職員との接し方で悩んでいる。
  • ●なんとなく将来に不安を感じることがある。
  • ●アルバイトと学業との両立が難しくなってきた。
  • ●履修計画があっているのか心配だ。
  • ●単位が取れず困っている。
  • ●大学での学習の仕方がよく分からない。
  • ●資格のための勉強を始めたいが、何からやれば良いのかわからない。

疑問や相談がある方は、事務局窓口かメールにて受け付けています。

  • 事務局窓口にお越しになる場合

    学生支援・総務グループ 宛

  • メールにて連絡される場合

    gakusyu@uv.tuc.ac.jp

資格の杜・学びの杜(資格取得支援・課外活動支援)

資格取得支援講座を提供する「資格の杜」、課外での学びを提供する「学びの杜」

各学生の将来の目標に合わせて多彩な実学講座を提供しているのが「資格の杜」です。日商簿記検定や中小企業診断士などの難関試験を長期的に支援。多彩な資格・検定試験それぞれに合わせた短期集中講座をも開設してます。また、本学教員が授業の枠を超えた実践的な講座や教養講座などを提供しているのが「学びの杜」です。

保健室・カウンセラー室

学生生活・学習支援センターでは、学生の心身の健康をサポートするために、
保健室やカウンセラー室と協働して支援に取り組んでいます・・・

保健室

学生生活を有意義に過ごすためには、健康管理も大切なことのひとつ。保健室は怪我だけでな、健康についての不安・悩みがある場合の相談窓口となります。定期健康診断や健康相談、具合が悪くなった場合や怪我をした場合の応急処置、学校周辺の病院紹介などを行っていますので、気軽に活用してください。
担当:山田
【担当者からのコメント】
大学生活は高校時代と違って自由の範囲が広がり、自分で判断して行動することが多くなるとともに、様々な悩みや不安、問題が生じてくるでしょう。保健室では、けがや体調不良時のケアはもとより、自分の健康問題を自分で解決する力を伸ばすことができるようにお手伝いができたらと思っています。 みなさんのより良いキャンパスライフ実現のためにお手伝いしますのでお気軽においでください。

学習生活支援室(カウンセラー室)

学習生活支援室(カウンセラー室)は、本学学生のための臨床心理士による相談機関です。学生生活では、学業のみならず、進路や友人関係などにおいて、自分だけで考えていても解決できないこともあるかと思います。そのような時、臨床心理士が親身になって学生の相談にのり、より良い心の状態や学生生活の充実など、学生自身の成長や問題解決に取り組むお手伝いをします。もちろん相談内容については、秘密を厳守します。
担当:酒匂
【担当者からのコメント】
カウンセラー室では、どんな相談でもお受けしています。進路、友人関係、恋愛、成績、アルバイト、家庭の問題などなど、どんなに軽い悩みでも、どんなに深刻な問題でも大丈夫です。また、心理検査や箱庭もありますので、心理学に興味がある方も気軽に来室してください。皆さんの大学生活が健康的で有意義なものになるように応援しています。

ページトップへ