高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

SHODAIの365日

2018.10.4

上毛かるたで読み解く群馬―下仁田ジオパーク見学―

「ジオパーク」、ご存じでしょうか?

ジオパークとは「地球=ジオ」+「公園=パーク」、地球を学び、楽しめる場所のことです。

今まで何とも思っていなかった景色も、その成り立ちや仕組みを知ると全く違った気持ちで見ることが出来るようになります。

「下仁田ジオパーク」は、日本に44あるジオパークのうちの1つで、その特殊な地形によりジオパークの指定を受けました。

 

本学では、公開講座「上毛かるたで読み解く群馬」を全10回のシリーズものとして開講しており、第3回で「富岡製糸場見学」、第6回の今回「下仁田ジオパーク見学」を実施しました。

IMG_2170 IMG_2165

下仁田ジオパークが丸ごとわかる「下仁田町自然史館」では、参加の皆様が学芸員の方の話に熱心に耳を傾けると同時に、展示されているひとつひとつに見入っている姿はとても印象的でした。

IMG_2143 IMG_2167

雨の為、青岩公園に降りることは出来ませんでしたが、バスの中ら見下ろしながら講師の大工原豊氏が6000万年前の青い石畳の成り立ちを話すと、参加者の皆様は口々に次は晴れた日に来て石の上に立ってみますと話していました。

IMG_2174 IMG_2175

続いて訪れた下仁田町歴史館では、世界文化遺産の「荒船風穴」を知るべく動画を見たり、養蚕に関係する多くの品々を見ることで、時代を遡ることが出来たようです。

今回の下仁田ジオパーク見学は、「上毛かるたで読み解く群馬」を実際に自らの足で歩き、時代を超えた様々なものを見る機会になったように思います。

そして、参加の多くの皆様は最後に「今回はとても良い機会であり、良いきっかけをいただいたように思います。また、ゆっくり下仁田に来てみます。」と話されていました。

今後、地域連携センターは、これらを1人でも多くの学生に体験してもらえるような企画を、学生と共に考え、実行出来るよう、事業を推進して参ります。

© Takasaki University of Commerce