高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

SHODAIの365日

2018.9.5

「ベトナムSSP2018」diary④

≪5日目:9/5≫

午前中は本学の協定先であるMINA日本語学校に訪問し、以下のプログラムを行いました。

 

・日本語学校生徒によるスピーチコンテスト(本学学生は審査員)

・本学学生によるプレゼンテーション

・日本の文化セッション

 

スピーチコンテストについては、審査員という立場に当初は戸惑っていましたが、質問を織り交ぜながら真剣に審査を行っていました。

審査1   審査2

審査3

 

本学学生によるプレゼンテーションについては、「日本の四季」「日本の食文化」「日本のテーマパーク」という3つのテーマについて、事前に用意した資料を基に日本の文化を紹介しました。

プレゼン1    プレゼン3

プレゼン2    プレゼン4

各グループともに「どのように説明したら分かりやすいか」「話すスピードは適切か」「資料にふりがなをふってみた方が良いのでは」など、事前の段階から聞き手を意識した配慮・準備を進めてきました。異国の方に自国のプレゼンをすることは滅多に経験できることではないと思います。新たな気づきや発見があったことでしょう。

 

 

その他、書道や折り紙、浴衣の試着など、日本語学校の生徒の皆さんと日本の文化を通して楽しく交流することができました。

折り紙   折り紙2

 

 

 

午後は、例年訪問させていただいている日鐵住金建材株式会社の関連グループ企業「日鐵住金建材ベトナム(NSMV)」様を訪問させていただきました。

同社は2012年に設立した企業で、鉄鋼建材事業を中心に積極的な事業展開を行っています。また、企業努力により同業他社では真似できない独自の技術を持っている企業でもあります。

企業訪問1    企業訪問3

今回の訪問では羽田社長をはじめ、第一線でご活躍されている社員の皆様からも貴重なお話を伺うことができました。

会社概要・担当業務紹介をはじめ、苦労した点、仕事のやりがいなど、多岐にわたりご説明をいただきました。時にはプライベートについてもお話いただき、非常に和やかな雰囲気で聞くことができました。

また、参加学生からの質問についても丁寧にお答えいただきました。

 

そして、実際に稼働している工場の見学もさせていただきました。

工場内では、様々な種類の鉄鋼建材が陳列しており、社員が行き交う度に「ご安全に!」と、安全に対する挨拶運動を励行していました。

企業訪問2

企業訪問4

 

参加学生も海外で活躍されている方の生の話を聞いて、貴重な経験となったことでしょう。

 

日鐵住金建材ベトナムの皆さま、業務多忙のところ、とても貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

© Takasaki University of Commerce