高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

SHODAIの365日

2018.9.3

「ベトナムSSP2018」diary②

≪3日目:9/3≫

午前中は協定先であるフォンドン大学の学生達と“食”を通じた文化交流を行いました。

 

今回の交流は、それぞれの国の料理を一緒に作り、文化を理解するというもの。

本学の学生はベトナム料理を、フォンドン大学の学生は日本の料理を作るのですが、自国の料理には手を出してはいけないルールを設けました。

お互いの協力意識や活発なコミュニケーションがなければ、料理はできません。

 

 

まずは、スーパーへ食材の買い出しに。オンライン以外では初めての顔合わせでしたが、楽しくコミュニケーションを取ることができました。スーパーではベトナムならではの食材に、本学の学生も興味津々。

買い出し1    買い出し2

 

いよいよ、調理スタート。

3グループに分かれての作業でしたが、どのグループも身振り手振りを交え一生懸命取り組んでいました。自国料理の説明に最初は戸惑っていた様子でしたが、次第に会話が増えて自然と笑みがこぼれていました。

調理1    調理2

調理3    調理4

 

出来上がった料理を全員で試食を行い、会場では「美味しい」という声が飛び交っていました。また、運営スタッフが「味」「見た目」「料理への工夫」等を考慮して審査を行い、上位3作品に記念品を贈呈。以下は審査結果です。

料理1    料理2

 

第1位:みたらし団子(日本料理:第1グループ)

第2位:チキンサラダ(ベトナム料理:第2グループ)

第3位:揚げ春巻きつけ麺(ベトナム料理:第3グループ)

試食1    表彰1

どのグループの料理も、運営スタッフの予想以上の仕上がりで驚きました。まるでお店で提供する料理のよう。みなさんの“協力”というスパイスが隠し味になっているのではないでしょうか。

 

 

 

午後は、明日実施する「共同ミッション」に向けた準備作業をフォンドン大学内で行いました。

今回の共同ミッションは、ハノイの町から少し離れたところにある「フレンドシップ・ビレッジ(注1)」で子供たちを喜ばせることです。渡航前にもフォンドン大学生とオンラインミーティングを行い、準備を進めてきました。

ミッション準備1    ミッション準備2

 

明日は本番!頑張れ、学生達!!

 

 

(注1)フレンドシップ・ビレッジ・・・主にベトナム戦争の枯葉剤の影響を受けた子供たちを支援するための施設。

 

© Takasaki University of Commerce