高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

SHODAIの365日

2018.3.7

「地域創造フォーラム2018」を実施しました

平成30年3月4日(日)に「allぐんまで考える観光まちづくりと自らの役割」をテーマとして開催した、「地域創造フォーラム2018」(主催:高崎商科大学CPC)。

本学の5年間のCOC事業成果や学生自身による調査研究活動の様子など、本学の地域連携の活動や成果のご報告を実施したほか、基調講演には丁野朗先生(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・ANA総合研究所シニアアドバイザー)をお招きし、各地の日本遺産を事例にし、地域活性化事業における地域ストーリーの重要性や上信電鉄上信線沿線地域における地域ブランディングの可能性についてお話を頂戴しました。

丁野先生による基調講演

丁野先生による基調講演

学生による活動発表

学生による活動発表

第2部のパネルディスカッションでは『2つの「世界の宝」の活かし方』をテーマに、丁野先生の他、本学と包括連携協定を結ぶ、高崎市・富岡市・下仁田町の観光協会の皆様、熊倉浩靖氏(群馬県立女子大学群馬学センター教授)とともに、時代背景が異なる2つの宝――「富岡製糸場と絹産業遺産群」と「上野三碑」――でどのような地域ストーリーを描くことができるのかディスカッションを実施。ディスカッションは空間的つながり、さらには時間的なつながりがもたらすストーリーにまで広がり、中身の濃い意見が飛び交いました。人材育成の場として、大学に期待が寄せられていることも明らかになり、改めて本学の役割を認識する場ともなりました。

ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。

IMG_0544

© Takasaki University of Commerce