高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

学び最前線

2017.7.25

『すすめ!ファミレス』一般公開授業開催―3.5本の矢プロジェクト

1-3

 

2017年7月22日(土)、高崎商科大学大講義室にて、株式会社すかいらーくレストランツ×高崎商科大学「すすめ!ファミレス」の一般公開授業が行われました。

学生たちのアイデアで実際のガストの売り上げにいかに貢献できるか検証していきながら、経営について学ぶプロジェクト「すすめ!ファミレス」。その皮切りとなる特別授業を公開したものが本一般公開授業です。

テーマは『取り組んでわかった、広告内製化の効果とマーケティングについて』。

同社の営業サポートグループ セールスサポートチームの安藤 克也 氏を講師に、すかいらーくグループの競争優位性や個店プロモーションを主とするセールスサポートチーム発足までの道のり、広告内製化での効果や課題など普段耳にすることのできない貴重なお話をして頂きました。

 

1-2

 

プロジェクトを進行させるにあたって、講義後、事前に活動を行っていた学生グループが各実施案をプレゼンテーション。

 

1-4

 

その後、すかいらーくレストランツの方々とディスカッションを行いました。

 

1-9

 

1年生も多く参加している本プロジェクト。最初は緊張気味だった学生たちがどんどん積極的になっていく様子は、企業連携プロジェクトの特徴でもあります。

最後はCafeレストランガストにて店舗視察!

 

1-8

1-6

1-5

 

すかいらーくレストランツの方々と終日ディスカッションを行えたことから、学生の顔つきにも徐々に真剣そのものになっていくのが印象的でした。

今後、各チームが発表した実施案をさらにブラッシュアップし、実施・検証を行っていきます。(実施予定期間10月以降/成果発表予定12月頃)

今回は実施のみだけでなく、Adobeソフトを活用して販促物の制作まで行う本プロジェクトにご期待下さい!!

 

1-7

 

 

 

 

【すすめ!ファミレス―――産業連携プロジェクト】

高崎商科大学では、革新的な社会活動を行う企業と連携し、次世代を担う学生たちを育成する取り組みとして「3.5本の矢プロジェクト」を進めてまいりました。これまでにアドビシステムズ株式会社、楽天株式会社、株式会社電通といった企業と様々なコラボ授業を行っております。今回は誰もが一度は利用したことがあるだろうガスト、ジョナサン、バーミヤンなどを運営する「株式会社すかいらーくレストランツ」とのコラボ授業です!

ファミレス離れと言われる今、あらゆる角度から世の中を分析し、チャレンジし続ける“すかいらーく”と学生たちが「すすむ」経営戦略を考えます。学生が実際のガスト店舗で商品の企画案を提示し、グループに分かれそれぞれ別店舗を担当。売り上げを競い、学生ならではのアイデアで売り上げに貢献できるか検証していきながら、経営について学ぶプロジェクトになります。

 

© Takasaki University of Commerce