高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

学び最前線

2017.7.7

【レポート】「2017 ADOBE EDUCATION FORUM『未来の作り手』のための大学情報教育」にゲストスピーカーとして登壇_高崎商科大学3.5本の矢プロジェクト

デザインは美術系、プログラミングは理系が行うもの…というイメージはありませんか? 文系学生はデザインできなくとも、プログラミングができなくとも…―――そんな時代は終わりを告げようとしているのかもしれません。

6月29日(木)に「2017ADOBE EDUCATION FORUM『未来の作り手』のための大学情報教育」に参加してきました。本フォーラムは学校経営者および教職員向けに開催している教育フォーラムであり、今回は株式会社内田洋行とアドビ システムズとの共催で、アクティブラーニングを促進する新しい学習環境を提言することを目的として開催されました。

主催であるアドビシステム株式会社は本学の「3.5本の矢プロジェクト」の連携企業であり、昨年度は「ビジュアルプレゼンの習得」としてワークショップを実施。みなさんご存知のように本学はAdobe Creative Cloudを導入しており、本学生はadobeソフト(PhotoshopやIllustratorなど)を自由に使用することが可能になっています。

会場には100人近くの教育関係者が参加。プレゼンテーションの世界的第一人者であるReynolds氏をはじめ、IT×教育において第一線で活躍している講師陣が登壇。そのなかで本学3.5本の矢プロジェクト アドミッションプロデューサーである鈴木が“情報教育”についてトークセッションを行いました。

鈴木の講演に熱心にメモを取る方も多くおり、本学の「学生のクリエイティビティ能力を高める」環境にたくさんの方が興味をお持ちの様子でした。

 

『誰もが情報を自らの手で作り出す力、新しい価値を創造して発信することができること』、これからの時代に求められていることを肌で感じた講演でした。

 

これからの情報教育について話す鈴木

これからの情報教育について話す鈴木

 

 

Adobe Creative Cloudとは?

グラフィックデザイン及び動画編集、ウェブデザインのアプリケーションソフトウェア利用できるサービス、及びそれに属するソフトウェア群とクラウドサービスです。アドビシステムズ株式会社の教育機関向けサイトには本学の取り組みや参加学生などが紹介されています。

http://www.adobe.com/jp/creativecloud/buy/education.html

© Takasaki University of Commerce