高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

学び最前線

2017.3.31

インターンシップ報告会を実施しました

高崎商科大学短期大学部では、ホテル・ブライダル・旅館等の業界での活躍を希望する学生にはホスピタリティ教育を行っておりますが、教育効果を高めるためには、現場での実務経験が何より大切であると考え、平成18年度から本学と提携した実習先で約2ヶ月の長期にわたり、インターンシップを行っております。このインターンシップは、自分自身の適性、卒業後の進路について考える経験型プログラムで、短大の授業では学ぶことができない知識・技能の習得を目指し、ホテル・結婚式場・旅館等での実習を通して今後の学生生活及び将来の職業人としての活動に役立てることを目的としております。また、インターンシップを経験し、自分の能力、適性を認識し、仕事の意欲を高め、就職活動への心構えを創ります。

IMG_9149 (3)

28年度は、群馬県又は近県でインターンシップの目的に賛同していただいたホテル・結婚式場・旅館等8社の企業に受け入れていただき、平成28年12月25日(日)~平成29年1月4日(水)、平成29年2月10日(金)~平成29年3月26日(日)の期間に実施いたしました。

これらのインターンシップの成果を発表するために、平成29年3月28日(火)に学内で報告会を開催しました。報告会では、15名の学生がインターンシップを通じて学んだこと、成長したこと、自分に不足していると感じたこと、印象に残った言動などを自分の言葉で語る学生の姿が強く印象に残りました。また、短大での学習が社会でどのように生かされるのか、また社会は何を求めているのかを確認する絶好の機会であったと発表された学生もいました。

IMG_9143

本学では、教室を飛び出し、企業や地域を舞台に学ぶ「アウトキャンパススタディ」を積極的に取り入れていますが、最長で6ヶ月の参加が可能になります。国内インターンシップでは、実習期間は短期(数週間)から長期(約2ヶ月)までありインターンシップ先は学生の目標に応じて、ホテル、結婚式場、医療機関、旅行代理店金融機関、商業施設など多岐にわたります。また、言葉も文化も異なる人たちとの出会いや体験を通して視野を広げる“グローバルスタディーズ(海外インターンシップ、海外ボランティア)”や現場に足を運び、現実の課題について調査する“フィールドワーク”、小・中学校での学習支援や工女姿に扮した観光案内など、まちづくりを中心として“ボランティア活動”等をアクティブな学修ができるさまざまな仕掛けを作り、「学生の本気度」を上げていく仕組みを取り入れています。

IMG_9154

© Takasaki University of Commerce