高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

学び最前線

2018.7.10

【短大】フランス料理を通してマナー実践授業

「マナーとホスピタリティ」は短大1年次の必修科目となっており、ホスピタリティの心を持って全ての人々に満足していただけるコミュニケーション能力、接遇などを実践形式で学ぶ授業です。

IMG_7318-2

本日はホテルグランビュー高崎 ソムリエの後閑 章さんにご協力いただき、フランス料理を食しながらテーブルマナーを学びました。

 IMG_7314-2 IMG_7317-2

フランス料理を食べなれていない学生も多く、後閑さんよりナプキンの使い方、ナイフ・フォークの持ち方など、テーブルマナーの基本を教えていただきました。

 IMG_7323-2 IMG_0167

最初は慣れない手付きで、真剣な表情で食べていた学生も、1つ1つ丁寧に教えていただいたお陰で、徐々に自信がついてきたのか、メイン料理が出てくる頃には笑顔が出てくるようになりました。

IMG_0208 IMG_0179

後閑さんから「テーブルマナーは周りに迷惑をかけずに、お互いに楽しくお食事を召し上げるための基本的なルールです。でもマナーに気を取られて、肝心のお料理やお店の雰囲気を覚えていないということにならないようにご注意ください」とのお話がありました。

IMG_0164

基本的なルールを守った上で、お互いが不快にならないように楽しい雰囲気を作ることは、テーブルマナーに限らず、ビジネスの上でも大事なスキルです。

この授業を通して、社会全般に求められる質の高いサービス、ホスピタリティの心を養ってほしいです。今日は本当に「美味しい授業」でしたね(^^)

© Takasaki University of Commerce