高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

学び最前線

2018.1.17

イオンモール高崎とのコラボSTART!コミュニティ デザイン プロジェクト(CDP)

IMG_5581

 

ビジネスでも、暮らしでも、地域の力を高めていこうという雰囲気が高まっていますね。

その流れは地域に古くからある企業や商店街、市民団体だけの話ではなりません。全国に展開するイオンモールでもそれぞれの土地に根差したショッピングモールになるために様々な取り組みを行っています。

今回、高崎商科大学ではイオンモール高崎と連携し、『コミュニティ・デザイン・プロジェクト』を立ち上げました。

イオンモール高崎を単なる“ショッピングモール”ではなく、「ヒトとヒトが集まる、地域コミュニティの空間」としてデザインするためのプロジェクトです。

 

 

aeon_logo

 

実は、昨年の11月10日(金)、本学商学部の必修科目である「地域創造」においてイオンモール高崎の小田様と小林様にお越しいただき、「地域におけるイオンモールの役割」について特別講演を行っていました。イオンモールが大切にしていること、そしてそれをどのように表現しているか、現場の方々が考え、実行していることを学生にお話いただきました。

 

IMG_6066

 

IMG_6122

 

この特別講演を受け、プロジェクトに集まった学生は18名。全員が自主参加の学生たちです。1月12日(金)に初めての顔合わせ&ブレストを行いました。

 

DSCN0294

aeon1

IMG_5626

aeon2

 

身近な存在であるイオンモールを地域コミュニティの1つとして捉えなおすこと。簡単なようで難しい。答えがあるようでない。それがこのプロジェクトの面白いところかなと思います。

次回は2月に実際に学生たちがイオンモール高崎へフィールドワークに出かけます。みんな、どんなことを感じ取るのか楽しみです。

© Takasaki University of Commerce