高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

学び最前線

2017.12.14

大泉町・おうら病院さんにて「メディカルイングリッシュ」研修を実施

12月12日(火)、医療法人社団醫光会 おうら病院さんにて「メディカルイングリッシュ」研修を本学の教員が実施致しました。

群馬県内でも病院を利用する外国人が年々増え、医療現場での英語使用頻度が高くなっています。今回、大泉町のおうら病院さんから、より充実な医療環境を整えられるよう研修のご相談をいただきました。

当日は本短期大学部のドクタークラークコース2年生2名も、おうら病院の職員さんとともに研修に参加。

 

レイツ先生

※本学教員のレイツ先生とドクタークラークコース2年生

 

今回の「メディカルイングリッシュ」研修は医療現場で使用される英語に慣れ親しむことを目的としています。最初は緊張している様子の職員さんたちでしたが、徐々に笑顔が増え、ロールプレイングにも積極的に参加して下さっていたのが印象的でした。どうしても苦手意識を持ちやすい英語ですが、研修を受けていただき、苦手意識を少しでも克服できればと考えた研修内容となっています。

終了後は、「とても楽しかった」という意見が多く、このような機会を望む声をいただきました。

 

教えるレイツ先生 (1)

※多忙な業務のなか多くの職員さんが参加して下さいました

 

来年医療機関への就職が決まっている本学生にとっても、実際に医療現場で働かれている職員さんと研修を受けることが出来たのは貴重な体験になったと思います。

「メディカルイングリッシュ」などの研修のご相談も受け付けておりますので、よろしくお願い致します。

 

全員集合 加工済み

© Takasaki University of Commerce