高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

学び最前線

2017.11.1

「考える秘密基地」完成しました&活用ワーク実施

IMG_6041

3.5本の矢プロジェクトでは、その取り組みがスタートした当初から学生たちの実践力や経験値を高めるとともに、想像力や発想力を伸ばすことを目的に様々な取り組みを仕掛けてきました。

今回のプロジェクト『考える秘密基地』は、高崎商科大学、株式会社電通「アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所」、アイデアプラス株式会社の3者コラボにより、まさにその発想力を高める「場所」を学生自身がつくるという試みです。

すでに第1回「場所探し」、第2・3回「ペインティング・ネーミング」を終え、第4回である今回10/30(月)には完成した「秘密基地」を活用し、学生約11名が以下の流れで新しいプロダクトやサービスのアイデアを生み出すワークショップを行いました。それぞれのセッションで研究所メンバーでありエクスペリエンスデザインを専門とする森口 哲平氏と、クリエイティブディレクターの本田 晶大氏がそれぞれの知見をもとに学生たちをしていただきました。

①身の回りのプロダクトでしばらくの間、大きな変化のないもの(形・行動)を見つける
②まったく異なる文脈をプロダクトと組み合わせて、イノベーションのヒントを探る
③プロダクトを形としてデザインしてみる(描いてみる)

 

また、当日は上毛新聞をはじめ、県内各報道機関の方々に取材していただきました。群馬テレビでも当日の様子が放送されました。

群馬テレビ・群テレ/高崎商科大学 アイデア創出空間を使ってワークショップ(17/10/30)_Youtube

掲載サイト:■SankeiBiz ■zakuzaku by 夕刊フジ ■SANSPO.COM ■YOMIURI ONLINE

 

<当日のワークショップの様子>

IMG_5116

kangaeru1

IMG_6034

IMG_6038

IMG_6035

IMG_5135

IMG_6047

IMG_5154

 

 

<場所選びとペインティング(第1回~第3回ワーク)>

IMG_0428

IMG_2276

g3

IMG_4707

IMG_4665

IMG_4695

 

 

 

 

© Takasaki University of Commerce