高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

キャリアサポート室より

2019.2.8

【キャリアサポート室】いざ、1泊2日の就職合宿へ!!

2月5日(火)6日(水)、1泊2日の就職合宿「キャリサポトラベル」を国立赤城青少年交流の家にて実施しました。この「キャリサポトラベル」は、今年で4年目を迎える就職支援イベントです。これから就活本番を控える大学3年生の希望者26名と、納得のいく就活を終え内定を勝ち取った大学4年生5名(=先輩サポーター)が参加しました。

≪1日目≫

【開校式】

参加者一人ひとりに「決意表明」をしてもらったところ、「履歴書を書けるようになりたい」「面接やグループディスカッションの雰囲気を知りたい」「就活の不安を少しでも取り除きたい」「就活の準備が全然できていないので、これをきっかけに意識を高めたい」など、様々な想いを聞くことができました。「今の自分より少しでも成長することを目標に取り組もう」というキャリアサポート室スタッフからの話もあり、いよいよプログラムに入っていきます。

★決意表明

 

【論作文模擬試験】

最初に全体講義で「表現すること」のコツを学び、その後「論作文模擬試験」を実施しました。今年のテーマは「一番頑張ったこと」。

★試験風景

★原稿用紙

 

【履歴書作成】

先輩サポーターやキャリサポスタッフにアドバイスをもらいながら、皆真剣に取り組んでいました。

★履歴書作成②

★履歴書作成①

夕食後は、履歴書の仕上げに向けてもうひと踏ん張り。参加者の熱もどんどん高まってきて、時間ギリギリまで頑張っていました。

★履歴書仕上げ

 

≪2日目≫

【先輩サポーターとの座談会】

参加者からの質問に、先輩サポーターが答えます。「何社エントリーしましたか?」「面接ではどんなことを聞かれましたか?」「インターンシップには参加しましたか?」「就活用のシャツは何枚買いましたか?」など、様々な内容の質問が寄せられました。先輩のとても貴重な実体験を聞くことができ、良いお土産ができたと思います。学生たちのペンが走る走る!

★座談会

 

【グループディスカッション】

テーマは「内定獲得のために必要なことは何か」。評価者は先輩サポーターです。優しくも的確なフィードバックはお見事!学生たちはそれぞれ自分の課題が見つかったと思います。

★GD評価者入

★GD体験

 

【集団模擬面接】

企業の採用担当者様にご協力いただき、実際の面接と同じ雰囲気で模擬面接を実施。その場でフィードバックもいただける大変貴重な機会です。改めて、お忙しいなかお越しいただいた企業の皆様に厚く御礼申し上げます。

★集団模擬面接

★集団模擬面接②

 

【閉校式】

いよいよ合宿も終了。集団模擬面接を担当していただいた企業の皆様から一言ずつ激励のお言葉を頂戴し、最後は学生による「1分間スピーチ」。参加者皆の充実した表情が印象的でした。スピーチ後には一人ひとりに本合宿の『修了証』を手渡しました。また、就活生のために協力をしてくれたお礼として、先輩サポーターにも『感謝状』を手渡しました。

▼これからの就活本番に向け、不安を感じつつも前向きに頑張りたいと話す学生たち。

★1分間スピーチ

▼先輩サポーターのフォローもとても頼もしかったです!ありがとう!

★先輩サポーター①

 

【参加者の感想】※一部抜粋

●自分と向き合う時間をしっかり取ることができました。履歴書は書ききらなかったけれど、自分の中で納得のいく表現方法を見つけることができたので参加して良かったです。

●自分の未熟さを実感した今だからこそ就活に対して真剣に向き合える気がします。気を抜かず、3月から良いスタートがきれるよう頑張りたいです。

●就活と真剣に向き合った2日間だった。2日間で出来ることは最大限できたと感じた。

●就活に対する不安やモヤモヤが少し晴れた。キャリサポトラベルに参加したことによってモチベーションが上がりました。

●自分のやりたいことは何かをよく考え、少しでも後悔しない選択をしたい。

●まだまだ不安でいっぱいですが、今からしっかり対策を立て、自信を持って本番に挑みたいです。

 

本合宿を通じて、皆「自己の成長」を感じたり、「気づきや課題」を発見したことと思います。また、普段はなかなか接する機会のない仲間と意見を交わし、交流できたことも非常に有意義な時間になったのではないでしょうか。また、今回合宿に参加した学生が、次年度の先輩サポーターとして参加してくれることを期待しています!

これからいよいよ就職活動が本格的に始まります。今回の経験で得たものを武器に、頑張れ、就活生!!

 

▼最後に皆で記念撮影。2日間本当にお疲れ様でした!

★記念撮影

 

© Takasaki University of Commerce