高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

キャリアサポート室より

2018.7.11

【キャリアサポート室】卒業生インタビューvol.2

卒業生が、キャリアサポート室に遊びに来てくれました!

2shot

高崎商科大学短期大学部 平成29年3月卒業

(写真左)栁 瑠美さん:アパレル勤務

(写真右)納谷優香さん:冠婚葬祭サービス勤務

 

――――:

二人はちょくちょく顔を見せに来てくれているので、あんまり久しぶり感はないけど(笑)。

改めて、今どんな仕事をしていますか?

納谷さん:

informationで受付を担当しています。主に会場のご案内や宴会予約、駐車場の発行などを行っています。

栁さん:

接客の仕方を日々工夫しながら、お客さまに似合うコーディネートを一緒に考えています。

 

――――:

二人とも、接客のお仕事ですね。たしか納谷さんは、インターンシップも結婚式場で行っていましたよね?

納谷さん:

はい。もともと結婚式に携わりたいと漠然と思っていて。結婚式って人生においてビッグイベントじゃないですか。そういう人生の思い出づくりのお手伝いがしたいと思っていたんです。実際インターンシップに行って、式場スタッフがこれから結婚するお二人と一緒になってあれこれ考えている姿を見たとき、これはやりがいがありそうだなと。やっぱりやってみたいなという気持ちが強くなりました。

 

――――:

なるほど。ちなみに現在大学4年生・短大2年生は絶賛就活中ですが、就活の思い出は何かある?

納谷さん:

とにかく面接が大変だった記憶が…。特に集団面接!授業の中で面接練習をしっかりしていたのですが、やっぱり本番は緊張しますよね。

 

――――:

そうだね。でも本当、短大は実践的な就活対策が出来る内容が充実しているよね。栁さんは何か思い出はある?

栁さん:

キャリアサポート室に行って、キャリサポスタッフの皆さんから企業の生の情報を聞いていました。普段から企業の方とのお付き合いや卒業生からの情報がある分、信頼できる情報が多くて。求人票だけでは分からないようなポイントをたくさん教えてもらったのを覚えています。

 

――――:

栁さんは、実は転職して今アパレル業界にいるんだよね?

栁さん:

はい。早期転職って言うとあまり良いイメージを持たない人もいると思うんですけど、私は何か嫌なことがあったから転職したとかそういうのでは全然なくて。もともと人と接するのが好きだったので、カーディーラーの営業の仕事に就いたんです。職場の方が皆さんが良い人たちばかりで、人生の先輩として魅力的でした。だからこそ、そんな方々と一緒に働くうちに、話をするうちに、自分が本当にやりたいことが見えてきたんです。皆さんには転職の相談にも乗っていただき、本当に感謝しています。

 

――――:

転職の相談にも!?すごく良い方々に恵まれましたね!

栁さん:

はい。本当にそう思います。全ての経験に損はないと、身をもって感じています。

 

――――:

うんうん。全てが貴重な経験になったね。では最後に、これから働く上での目標をお聞かせください!

納谷さん:

職場の皆さんがより一層働きやすい雰囲気や環境をつくっていきたいですね。それと今後は式場見学に来たお客様へのPR活動も担当することになったので、「ここでやっぱり結婚式を挙げたい!」と思っていただき、実際に結果を残せるよう頑張っていきたいです。

栁さん:

私自身、まだまだ教えていただくことがいっぱいありますが、ゆくゆくは「栁さんに教わると良いよ」と言ってもらえるような存在になりたいです!

 

――――:

二人とも、暑い中ありがとうございました。また遊びに来てね!

 

 

団らん

在学中はオープンキャンパススタッフだった二人。私も思い出話に参加しちゃいました。

© Takasaki University of Commerce