高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

 ご卒業、おめでとう!

2017.3.27

穏やかな好天に恵まれた3月18日(土)、めでたい学位記授与式でした。社会人となって、大学4年間、大学院・短大部2年間、在学中に身に付けた力を大いに発揮してほしいと思います。後輩のみなさんは、この時期、就活がスタートしました。 (写真は進む新校舎の建設)

DSC015972 DSC105974 DSC06006 DSC016012

4年前―宮崎駿氏の「風立ちぬ」のヒットした2013年、また北陸新幹線の開業した2年前(2015年)の入学式・告辞を思い起こします。

「小さいことを積み重ねることが、とんでもない所へ行くただ一つの道、とは大リーグのイチロー選手の言葉。学生生活の一日一日を大切に!」(商学部生へ)、こころ豊かな人間性を培う上で、普段から「お早うございます、ありがとうございます、と挨拶を心がけて欲しい。挨拶はその日一日の学びの扉を開きます」(現代ビジネス学科生へ)、と新入生に語りかけました。

人生には節目があります。ハレの卒業式は人生の入学式です。はなむけに三つのメッセージを贈りました。

ひとつは、「向上心を忘れず努力してほしい」ということ―「努力すれば報われる」と言いますが、仕事やボランティアを通して社会貢献のために努力すれば、自分も報われるのです。そして、人間力を磨き「良好な人間関係を大事にしていただきたい」ということ。相手への優しい「思いやり」と「感謝」の気持ちで、いつも「笑顔と挨拶」を心がけコミュニケーションを図っていただきたい。もう一つは、「卒業後も学び続けてもらいたい」ということ。「継続は力なり」―創造力の源であり、個性を輝かせてくれる学びに終わりはありません、と。(写真は謝恩会)

DSC05982 DSC05984 DSC05999

後輩のみなさんは、3月9日~14日は合同企業説明会でしたね。今回は、キャリアサポート室の新企画で、前半の2日間は「イントロ合説」と銘打って、各企業さんが40分程度の時間、自社の紹介をしてくださいました。後で聞いたら、私の授業を受講したことのあるA君やBさんも「めったに聞けないことが聞けて、すごーく、よかったです!」と揃って笑顔でこたえてくれました。

卒業までに、自分の適性や希望に合う企業や進路先が見つかるように、私も精いっぱい応援していきます。(写真は合同企業説明会)

DSC05926 DSC05942 DSC05940 DSC05938

高大連携・大学間連携を推進するために、鹿児島へ先月は鰐渕局長と出かけ、鹿児島商業高等学校(増利裕之校長)、鹿児島純心女子短期大学(平山久美子学長)を訪問、今月は鈴木補佐と一緒に鹿屋中央高等学校(前田均理事長・校長)と、再度鹿児島商業高校を訪ねました。前田理事長・校長先生、平山学長先生、増利校長先生、大変お世話になりありがとうございます。(写真は3月訪問の鹿児島、左2枚は鹿屋中央高校、右2枚は鹿児島商業高校)

DSC06017 DSC06015 DSC06043 DSC06053

ご当地では「泣こよか、ひっ飛べ!」という鹿児島弁を何度も耳に、口にしました。どんな困難があっても、泣いて立ち止まることなく、飛ぼう、前へ進もう、という意味であるとお聞きしました。勇気のわいてくる、すごくいい言葉です。

卒業生も後輩のみなさんも、自分の力を信じて未来を切り開いていこうではありませんか!さぁ~、ぐ~んと、ひっ飛べ!!

 

© Takasaki University of Commerce