高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

市民総参加の〈富岡どんとまつり〉!

2018.10.29

世界遺産・富岡製糸場のある富岡市に、すごいスケールの富岡どんとまつりがあります。今年は、20日(土)と21日(日)に開催され、私は20日に出かけました。

富岡市と本学は協力連携協定を結んでいますが、富岡市からまつりへのご案内があり、ワクワクしながらまずは市主催のホテルでの歓迎会へ。おどりや山車は夕刻からの予定ですので、その前のひと時。

富岡市と縁の深いフランスからも女性の市長さんや関係者の方々が招待されていました。

多くの参加者を前に、ステージに登壇された富岡市の榎本義法市長様の歓迎のご挨拶から始まりました。(写真は、歓迎会場)

DSC09955 DSC09960 DSC09954

富岡市議会・大塚利勝議長さん、横須賀・上地克明市長さん、フランスのナタリー・ニエゾン市長さんのご挨拶などと続き、来賓紹介に進みました。地元商工会議所や深谷商工会議所、金沢市などからのご来賓の紹介がありましたが、大学関係では富岡市と提携関係にある本学の私のみでした。

席上、富岡商工会議所の小堀良夫会頭様からは、「商工会議所会館で『模擬ブライダル』はいかがですか?」とお誘いがあり、また富岡製糸場を愛する会の高橋伸二理事長様から「『紅い襷』の上映はしませんか?」とのお話もいただいた次第です。お二人様は、本学の日ごろの地域活動も本当によくご存じです。

歓迎会のあとは、みんな一緒にバスで街中へ向かいました。秋の夕暮れどき、暗くなるのは早く、少し肌寒さも感じながら、観覧席へ。そこに、前田地域連携センター長のお顔も!

すでに、まつりは始まっており、豪壮な山車が次々と繰り出し大勢の市民が踊ってだんだん最高潮の盛り上がりをみせ、祭り独特の熱気が伝わってくるのでした。沿道には屋台も並んで、あちこち行列の出来ているところもありました。(写真は、桟敷席からみるまつり、屋台)

DSC09999 DSC09987 DSC00007 DSC00034

二年に一度の富岡どんとまつり、富岡を訪ねるたびに祭り囃子の笛や太鼓の音が耳底によみがえってくるようです。

 

© Takasaki University of Commerce