高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

夏の「簿記坂セミナー」「ホールA合宿」

2018.8.30

この夏は記録的猛暑、今月お盆明けには一時気温も下がり、おぉ秋の気配かとちょっぴり寂しくも、喜びは束の間、またまた猛暑がぶり返してきました。

夏の甲子園野球TV観戦に一喜一憂したかと思うと、今度はアジア競技大会に沸くインドネシア、競泳に陸上にと日々、スポーツ観戦の醍醐味を堪能。本学では、8月5日より2泊3日の日程で恒例のホールA夏合宿が行われました。

DSC09782 (2) DSC09791 (2) DSC09790 (2)

ホールA夏合宿は、全国に先駆けて取り組む高大連携・接続の商業教育「ホールAプロジェクト」のメインイベントの一つですが、ちょうどタイムリーなことに、今月22日発行の『教育学術新聞』に、鈴木洋文広報・入試室長の筆による関連の論考が掲載されました。ホールAプロジェクト誕生の秘話といえばよいのでしょうか、私にとっても初めて聞く話が満載、ぜひともご一読をお勧めします。

さて、今回の合宿は、これまでとは違って、日本商工会議所主催の「日商簿記-1グランプリ2018」(11月)へ向けた「簿記坂セミナー」と連携、北海道から鹿児島まで全国の高校・大学から100名を超える大勢の若者、指導者の皆さんが一堂に会し切磋琢磨しました。

主催者・日本商工会議所さんから事業部長・岩崎浩平様、課長補佐・井上哲志様がお見えになりました。

日頃お世話になっています日本商業教育振興会からは会長の山口章先生(青森明の星短期大学教授)、文部科学省から西村修一教科調査官様にお越しいただきました。先生方の温かい激励のお言葉をいただき、本学の進む道に改めて大きな確信を得ました。

DSC09793 (2) DSC09804 (2) DSC09812 (2) DSC09823 (2)

 

本学では、ここ数年連続で、公認会計士試験短答式・論文式試験の合格者を多く輩出、メディアからも注目されておりますが、この夏合宿に参加したみなさんの中からも、合格者の先輩達にどんどん続いてほしいと思います。

この合宿の数日後ですが、たまたま大手監査法人に就職した大活躍中の先輩がご多忙にもかかわらず元気な顔を見せてくれました。彼は、今年4月着任したばかりですが、監査業務の苦労とか面白さ、企業のIPO(新規株式公開)支援業務の魅力などを生き生きと話してくれて、わずか4か月でこんなにもできるようになったんだと、嬉しく誇らしくなった次第です。8月下旬には論文式試験の期日も迫っていた折りも折り、会計プロフェッショナルの後輩達にとってもとても頼もしい援軍になりました。

 

合宿の閉講式にあたっては、簿記坂セミナーの成績優秀者・グループの表彰式が行われました。受賞のみなさん、おめでとう!

猛暑の中がんばった若者たち、ふだん会う機会のない者同士が緊密に交流し、多くの得がたい糧を胸に今後、大きく飛躍してくれるものと期待しています。

高い目標と志をもって、昨日より今日、今日より明日と向上していこう。

また、来年もお会いしましょう!

© Takasaki University of Commerce