高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

地域連携・貢献

HOME > 地域連携・貢献 > 活動概要

活動概要~COC事業からCOC+事業へ~

高崎商科大学では、平成25年に文部科学省「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」に採択されて以来、高崎市や富岡市などの自治体と連携して全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を推進してきました。その地域連携活動の窓口である地域連携センターを中心として、従来から取り組んできた地域活動にCOC事業を加え、「教育」「研究」「社会貢献」の3方向から、「学生」「大学」「地域」の力を強化しています。その中で、教育カリキュラム・教育組織の改革に始まり、地域課題の発見とその解決のための地域志向研究、また、次世代を担う地域リーダーの育成としてその成果を残してきました。

平成27年からは、文部科学省・総務省が行う「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の枠組みの中で(申請校:前橋国際大学)、参加校として一翼を担う本学は、地(知)の拠点大学としてこれまで培ってきた専門性の高い実学教育や地域連携教育による魅力ある大学づくりを継続すると同時に、地元企業と連携した職業人の育成や魅力ある雇用の創出を推進していきます。

地域連携センターとは?

平成26年4月に誕生した「コミュニティ・パートナーシップ・センター(CPC)は、平成30年4月場所を新校舎(SKY)に移すと同時に名称を「地域連携センター」とし、新たなスタートをきります。高等教育機関として、の使命のひとつである社会貢献を果たすため、本学の教育理念に基づき、地域連携及び地域課題解決等に関する取り組みを推進することを目的としています。また、地域社会に対する窓口としての機能を果たし、地域産業・文化の振興並びに人材育成を通して地域社会の発展に貢献できるよう、地域に関する様々な取り組みを推進していきます。

<地域に関するお問い合わせ等窓口>

高崎商科大学 地域連携センター
〒370-1214 群馬県高崎市根小屋町741
TEL.027-347-3350 / FAX.027-347-3386



双方向型人材バンクシステム

利用者と専門家(マイスター)を結びつけると同時に、利用者同士を結び付けることで地域の社会的ネットワークを醸成し、地域の活性化に寄与することを目指すシステムが「双方向型人材バンクシステム」です。また、本学と連携組織の協力を密にすることで、学生の地域活動を支援する役割も併せ持っています。




地(知)の拠点整備事業(COC事業)とは?

「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」は、大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を支援することで、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。群馬県では、平成25年に本学が初めて採択され、現在は2校(平成26年に1校採択)が文部科学省からの支援を受けて活動を行っています。




COC事業でUPする3つのチカラ

  • 「地域」を学ぶ
    地域を理解する授業の充実

    地元群馬への関心を高め、地域を創造
    するための方法を学びます。

  • 「地域」とつなぐ
    アクティブ・ラーニングの強化

    理論と実践、教室と現場、大学と地域
    をつなぐ往還的な学びを行います。

  • 「地域」で学ぶ
    プロジェクト型の学びを推進

    地域の課題に自らアプローチし、
    解決につなげる学習を行います。

教育研究活動を通して地域が抱える問題を発見します(「課題の見える化」)。その上で、地域にある隠れた資源を発掘し(「資源の見える化」)、さらに発掘した資源を活用するためのコンテンツづくり(「資源の魅せる化」)をすることにより、地域活性化のサイクルを形成します。

教育研究活動を通じて、学生・教員が地域と連携し、「点から線、線から面」へと地域の人や組織をつなげます。また、地域連携活動の成果を集積した双方向型人材バンクシステムを構築し、地域と大学による新しい取り組みを促進します。

■公開講座開催プロジェクト 地域のニーズに応じて、大学の知を共有
■次世代地域リーダー育成プロジェクト 地域の小・中・高等学校との連携活動を推進
■地域活性化プロジェクト 地域の人・組織と連携し、地域活性化を図る
■双方向型人材バンク構築プロジェクト 地域連携を通して蓄積した人的資源を集積
 高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部 TOP

ページトップへ