高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部

Takasaki University of Commerce

地域連携・貢献

HOME > 地域連携・貢献 > COC事業の取り組み

COC事業の取り組み

本学COC事業の趣旨

高崎商科大学では、高崎市・富岡市を中心に連携し、上信電鉄線沿線地域の活性化に取り組みます。若者人口の減少や高齢化による中心市街地の衰退等、沿線の抱える課題に対して、「観光まちづくり」とそれを担う「人材づくり」というアプローチで解決に迫ります。また、この目的を達成するために教育・研究・社会貢献の3点から大学としての取り組みを推進します。

教育

地域問題を解決できる人材輩出を目標に掲げ、地域関連科目の共通必修化を含めたカリキュラム改訂を進めます。具体的には、これまで授業の主流となっていた座学のみの形式から、座学(理論)とコミュニティ活動(実践)とを融合させた科目への転換を行います。授業内においてはグループワークやフィールドワークを多く取り入れたアクティブラーニングを導入し、主体性を養う教育へと改革を行います。





具体的な取り組み

研究

地域が抱える問題を「見える化」する地域課題研究。地域の優れた資源を「見える化」する地域資源研究。資源を「魅せる化」することで、課題解決につなげる地域志向研究。これら3つのアプローチにより、地域活性化のサイクルを形成します。また、当該地域の観光まちづくりに関する調査・研究に関しては「地域研究費制度」を導入することにより、更なる地域研究の活性化を促します。





具体的な取り組み事

社会貢献

小・中学校生の郷土への愛着真を育み、地域間・年齢間・学校間の垣根を越えた交流を促すため、ふるさと学習等を行います。また、地域のニーズとしては、「地域貢献の機会提供」、「世代間交流」等もある。これらを解決するため、「大学の知」のみならず「地域の知」を有効活用した公開講座、社会人講座、コミュニティ活動など、双方向マッチングが可能な人材バンクシステムを立ち上げます。







 高崎商科大学 高崎商科大学短期大学部 TOP

ページトップへ